短期間で確実に免許が欲しい!合宿免許に関する知識について紹介します

当サイトでは短期間で確実に免許が欲しい人におすすめの、合宿免許に関する知識についてご紹介しています。免許を取りたいけれど、あまり時間的な余裕がないという場合には活用するのがおすすめです。合宿で免許取得を目指せる教習所は、技能の上達が早くなる可能性があります。間をあけずに教習が受けられるのが魅力です。また合宿タイプの教習所は、通学にかかる時間を無駄にしないというメリットです。移動に時間がかからず便利といえます。

短期間で確実に免許が欲しい!合宿免許に関する知識について紹介します

自動車や二輪車の免許を取るときにはできるだけ短期間で取れる教習所を選びたい、という人も多いのではないでしょうか。
そのような場合には、合宿免許プランを利用して取得を目指すのがおすすめです。
寮やホテルなどに滞在しつつ教習を受ける合宿免許は、全国各地の教習所でおこなわれています。
グループで申し込めることも多いので、旅行気分を味わいたい学生にも向いています。
費用には教習代や交通費、宿泊費などが含まれていることが多いです。

合宿免許のメリットは短期間で集中できること

自動車関連の免許は合宿免許を利用する方法があり、学生であれば夏休みの期間を利用する方が非常に多い傾向にあります。
一般の自動車学校ではなく合宿免許を利用することのメリットは、短期集中型で免許を取得できる環境にあり、最短では14日間や15日程度もあれば順調に試験を突破すると終わらせることができます。
この背景には1日でコースを乗車できる時間を長くできることや、学科試験においても日を開けずに集中して学習できることが理由になります。
実際に一般の自動車学校では、予約制により1日で乗車できる時間が少なくなることや、本人の意思による影響で途中でさぼってしまう方もいます。
合宿免許では学校のクラスメイトのように同期生が仲良くなることも多く、全員が短期間で免許取得できるように励まし合えるメリット、分からないことがあっても会話によって解決できるなど豊富なメリットがあります。
合宿免許でも予約制を採用しているものなので、早めに予約を取ることは必要です。

合宿免許ならば本当に安く取得できるか?

自動車の運転免許証取得するためには、教習所に通学するパターンもありますが合宿免許と言う方法もあるかもしれません。
合宿免許と言うのは一般的にお金をかけずに取得できると言われていますが、その実態はどうか気になるところです。
結論から言えば、教習所に通うよりも40,000円から50,000円ぐらい安くすることができます。
これは、単純に宿泊費用も含めての料金にはなっていませんので別に宿泊費用を出さなければいけません。
そうすると結果的に高くなる可能性があります。
ですが、宿泊するところを安くするならば決して大きな負担とは言えないでしょう。
例えばビジネスホテルでも素泊まりならば3000円台のところもあります。
2週間火曜としても、1日あたり3000円なら2週間通ったとすれば、50,000円程度で収まる可能性があります。
ついでに旅行気分を味わうことができるとすれば、非常に魅力的なのは言うまでもありません。
結果的に、金銭的な負担を少なくなります。

合宿免許に行くなら閑散期を選ぶと便利

自動車免許を取得する事は、人によっては必須のものとなります。
地方であれば生活の足として必要ですし、そこまで必須ではない都会であっても営業で車を使う仕事ならばなくてはいけません。
しかしいつ取得すれば良いかというと、スムーズに学校を卒業して就職が決まった人には、どのタイミングでそれだけの時間を取るのかが問題となってきます。
そこで活用されているのが合宿免許で、まとまった休みに泊まり込みをして一気に取ってしまうのです。
これもまた条件が絞られる話ですが、多くが大学卒業後の最後の春休みを利用して合宿免許を取得しています。
これが王道ですが、そうではなく例えば10月入社などの特殊事例の場合には逆に、閑散期に合宿免許を取ってしまうという手もあるのです。
こういったものは空いていると値段も安くなるため全体の費用が安く抑えられますし、場合によっては半分観光気分で取る事が出来ます。
教習所側も集客に力を入れており、学ぶだけでなく遊べる環境も整えていたりして、なかなか悪くない待遇で免許が取れたりするのです。

合宿免許で選ぶおすすめの地域とは?

日本は車がないと生活できないところが多くあるため、免許を取得しようと考えている方がいると思われます。
免許は教習所に通学するタイプと合宿免許の2つに分けることができます。
合宿タイプは集中的に学習するため、最短2週間で取得することが可能です。
また、費用も20万円前後が相場になります。
通学タイプは30万円くらいかかるので、費用を安く抑えたい方にピッタリです。
合宿免許は地域によって費用に差があります。
都市部より、東北地方や北信越などがおすすめです。
地域によっては10万円くらいで取得できるところもあるため、よくリサーチしてみるべきです。
ただ、安く抑えることに固執するのではなく、必要な運転技術と知識を身につけられることも重視しないといけません。
技術や不十分なまま免許を取得してしまえば、事故を引き起こしてしまう可能性が高いです。
自分だけが困るわけではなく、歩行者や他の車を巻き込んでしまうので、安易な選択は絶対にダメです。

カップルで参加できる合宿免許がある

合宿免許に参加するなら、1つのお部屋にご兄妹やご姉弟やご夫婦から恋人同士や異性のお友達同士で一緒にペアで宿泊ができるカップルプランがお勧めです。
合宿免許に2人で参加すれば、2人で勉強を押し合うこともできますしワイワイ言いながら練習できますので楽しく免許取得できるので挫折する可能性も低いです。
またお食事は、3食付や夕食なしや自炊などのカップルプランがありお申し込みは教習所によって異なり18歳から入校できる教習所と、20歳から入校できる教習所があります。
それから高校生や20歳未満のお客様、学生のお客様がお申込みの場合は親権者の承諾書が必要となり承諾書の書面にご入校されるご本人様と親御様にご署名をしていただき教習所へご持参願います。
そして長期休暇の春休みや夏休みの時期でもお申込みを承っているので例年、お申込みが早くなってきており春休み夏休みは1年の中でも混雑する時期となり、お早めに申し込みをお願いしています。

合宿免許で提供される食事を指定できる

合宿免許では食事付きのプランも用意されているので、現地で過ごしている間も美味しいご飯を食べることができます。
特に合宿中は学科講習と技能講習が1日みっちりと実施されるので、疲れた疲労を解消させるためにも栄養をしっかりと摂ることが大切です。
ただ人によって好き嫌いはありますし、アレルギーが理由で絶対に食べられない物もあるでしょう。
合宿免許では提供される食事をあらかじめ指定することも可能なので、それならアレルギーなどの心配をしなくても大丈夫です。
また合宿免許によってはバイキング形式で自分で好きな料理を選べるところもあるため、より一層ご飯の時間が楽しくなります。
さらに現地の名物や特産品を提供してくれる学校もあるので、ちょっとしたグルメを満喫することも可能です。
もし合宿免許を利用する予定があるなら、どういった形式でどのような料理が提供されるのかを事前にチェックして、より自分に合ったプランで申し込むようにしましょう。

一人部屋を選ぶことができる合宿免許がある

合宿免許では一定の期間泊まり込んで、集中して教習を受けることになります。
友人と一緒に参加するという人もいれば、ひとりで参加する人もいます。
合宿免許では宿泊する部屋は相部屋になることも少なくありません。
友人同士ならあまり遠慮もありませんが、一人参加では知らない人と同室になることには不安も出てきます。
それに、友人同士であっても長く一緒にいると疲れも出てきます。
友人と参加でも、ひとりの時間は欲しいという人もいます。
そのような場合は一人部屋を選べる合宿免許を選ぶことをおすすめします。
教習や食事のときなどはみんなで過ごすこともできますし、部屋に入ればひとりになれるので学科の勉強をしたり、本を読んで過ごすなど自由な時間の使い方ができるようになります。
同室の人に気を使わなくてよいので、ぐっすりと眠れるのも良いところです。
一人部屋では自炊ができるプランが用意されていることもありますので、自炊をしたい場合は確認してみると良いでしょう。

合宿免許から一度帰宅することは可能か?

合宿免許は、早く安く免許が取得できるのでとても魅力的です。
しかし、万が一合宿先で体調不良や怪我をしてしまった場合には、一時帰宅をして再び合宿に参加することはできるのでしょうか。
この点、最短で卒業できるようにあらかじめスケジュールが立てられているので、原則として認められていません。
もっとも、ケースによっては教習所に許可される場合もあるので、いったん帰りたいという希望を早めに教習所に伝えることが大事です。
許可されやすいケースとしては、卒業式や入学式など事前に申込前から分かっている場合や何らかの緊急事態などで途中で帰らなければならなくなった場合などです。
他にも、合宿免許プランに一時帰宅のオプションが含まれている場合などはもちろんいったん帰って再度参加することが出来ます。
このように特別なプランがない場合には、いかなる場合でも帰って再度参加することを認めない教習所もありますので、予約をする際は十分予定を確認してから予約することをお勧めします。

リゾート地の合宿免許で空き時間を楽しくする

合宿免許では短期集中型で徹底的に講習や教習を受けて、より確実に免許を取得できるのがメリットですが、その一方であまりにも入り込んでしまうと疲れてしまい、むしろパフォーマンスやモチベーションが下がってしまうことにもなり兼ねません。
集中するために合宿所の周囲には遊興施設などが一切ないケースも多く、息が詰まるような思いをしてしまう方も少なくありません。
そのような状態で最終試験に挑んで不合格になることがあれば、せっかく合宿免許を選んだのに本末転倒です。
そんな方におすすめなのが、リゾート地の合宿免許で空き時間を楽しくする方法です。
空き時間にリゾート施設でのアクティビティを思う存分楽しめば、息抜きができることでメリハリができ、講習や教習へのモチベーションを高めることができます。
厳しい講習や教習が辛くなることがあったとしても、これを乗り切れば遊びに行けると思えばもうひと頑張りすることができます。
それらの好循環が生まれた時、念願の免許取得へと近づくことが可能です。

合宿免許で取得できる免許の種類

合宿免許だからといって、取ることができる免許の種類に法令上特別な制限が加えられているわけではなく、その時点で施行されている法令で認められているすべての種類の免許を取得できます。
もちろん、入校した教習所が都道府県公安委員会の指定を受けている所であれば、全ての教習を受け終えた後に卒業検定に合格することで証明書が交付され、本免の試験で技能試験が免除されます。
ただし、取り扱っている免許は教習所ごとに異なります。
普通自動車や自動二輪車の免許はほとんどの教習所で選択することができますが、大型自動車については設備が無いなどの理由で取り扱っておらず、選択することができない教習所が少なくありません。
入校したい自動車教習所を選ぶ場合、合宿所の設備や利用できるサービスの内容など決め手となりうる要素はいくつかありますが、何よりもまず合宿免許コースで取得を目指している免許の教習を受けられるかどうかを調べる必要があります。

できるだけ実際に運転する環境に近い合宿免許を選ぶ

合宿免許で利用できる施設には、様々な種類のものが存在します。
中には、専用のコースを広い場所で設けているところも少なくなく、そこで運転スキルを磨けばそのまま実際に行動でもドライブできるようになるほどです。
しかし、その一方で施設が充実していないところが存在するのも事実です。
基本的に、合宿免許の取得を目指す場合には現実的なスキルを身に付けなくては意味がありません。
仮免許を取得しても、実技の面で不安が存在すると意味が亡くなってしまうからです。
こういった環境の構築は、合宿免許を選択する場合に不可欠であると考えられています。
また、合宿免許が通常の教習所と大きく違うのが短期集中的に勉強をしていくという点です。
長期的に運転に慣れていくわけではなく、知識とスキルを同時に学んでいくことになります。
ですから、できる限り実践に近い状態で何度も学ばないと経験をきちんと積むことができないので注意をしなくてはいけません。

合宿免許にペットを連れて行くことは可能?

犬や猫などのペットを飼っている人の中には、合宿免許に行く際にも連れて行きたいと考える人がけっこういるようですが、はたしてそういうことは可能なのでしょうか。
結論から言ってしまえば、犬や猫を同伴してOKの合宿免許はないです。
日本中の教習所に問い合わして直談判すれば、もしかしたらOKのところも見つかるかもしれませんが、基本的に無理だと思った方がいいです。
どうしても連れて行きたいという場合は、合宿免許の宿舎の近くにいる親戚や友人などに預けておき、教習時間外に会いにいくというのが現実的でしょう。
ただ、遠方へ合宿しに行く場合は、知人もいない場合が多いです。
そういう場合は、ペット専用のホテルなどを利用する方法がありますが、これを利用すると1泊5000円くらいはかかります。
合宿免許は2週間程度かかるわけですから、その間ずっと預けていると7万円もお金がかかってしまいます。
そんなお金を払うくらいなら、合宿ではなく通学型の教習所に通った方がいいです。

合宿免許で選べる意外なオプション

日本では少子高齢化が進み、若者が利用する合宿免許でも教習生を取り合っている状況です。
そのため、地方の一部の教習所では他校と差別化をはかる目的で合宿免許プランにユニークなオプションを設けているケースがあります。
合宿免許を利用すると選べる意外なオプションには、ネイルサービス(女性限定)・ケーキバイキング・温泉施設の入浴券、などがあります。
珍しいサービスであれば、スキー場のリフト券・ゴルフ場やフィットネスクラブの無料チケット・観光ツアー、などが楽しめる教習所も存在します。
地方では教習所のオーナーが入浴施設・リゾート・スポーツジムなども経営していて、観光施設やスポーツ施設が自動車学校のグループ企業である場合も少なくありません。
このような場合は、合宿免許の利用者であれば教習所のグループ企業が運営する施設を無料または格安料金で利用できるサービスが提供されていることがあります。
もしも教習所の合宿プラン選びで悩んだ際は付加的なサービスの有無で比較をするのも良いでしょう。

日本語が不得意な場合でも受け入れてくれる合宿免許

今や日本はグローバルな社会が展開しており、日本で働きたいという労働者や取得した技能を母国に持ち帰って発展に貢献したいという技能実習生など外国人の方が増えています。
在住している地域によっては公共交通機関が脆弱で、車社会と言われていることから免許を取得して自動車を保有していなければ通勤もままならなかったり、お仕事によっては免許が必須という場合も少なくありません。
そんな方が合宿免許で免許を取得したいと考えた場合、大きなネックとなるのが言葉の壁ですが、昨今ではそのような事情を鑑みて多言語に対応しているケースが増えました。
国際免許に対応している合宿免許では彼らの母国語に対応した講師が所属してるほか、テキストなどの教材も外国語版が提供されています。
サポート窓口も用意されており、様々な相談も受け付けています。
このような合宿免許ならば日本語が不得意な方でも免許の取得を目指せるようになり、生活の利便性を高めたり、お仕事の幅を広げることが可能となりました。

合宿免許に関する情報サイト
初めての合宿免許

当サイトでは短期間で確実に免許が欲しい人におすすめの、合宿免許に関する知識についてご紹介しています。免許を取りたいけれど、あまり時間的な余裕がないという場合には活用するのがおすすめです。合宿で免許取得を目指せる教習所は、技能の上達が早くなる可能性があります。間をあけずに教習が受けられるのが魅力です。また合宿タイプの教習所は、通学にかかる時間を無駄にしないというメリットです。移動に時間がかからず便利といえます。

Search